rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)療法m−ECT(修正型通電療法)クロザピン治療


m−ECT(修正型通電療法)とは
m−ECT(修正型通電療法)の適応
具体的な診断と状態
治療開始までのフロー
副作用について
他の治療(薬物療法)との比較
医療機関の方々へ



他の治療(薬物療法)との比較


(1)有効性
 薬物療法で効果が得られなかった患者様でも、かなりの確率(日本の中・高齢者のうつ病の反応率は81%、重症緊張型の統合失調症の反応率は100%)で効果が認められます。しかし、必ず有効的であるとはお約束できません。他の治療と同じく、すぐに改善する場合もあれば、ゆっくりと改善する事もあります。また、十分な改善を得られない可能性もあります。

(2)副作用
 これらのような副作用があります。しかし、無けいれん通電療法を行わなかった場合、難治性の患者様は、しばしば比較的多量の薬物が必要になります。その場合に起こり得る低血圧・めまい、重症の便秘・腸閉塞、悪性症候群などと比較すると、一般的には安全に施行しうる治療法といえます。

(3)効果の持続性
 薬物療法の場合、一般的には薬物服用中は効果が持続します。一方、修正型電気けいれん療法の場合、効果は持続的ではありません。施行後1ヶ月から最大でも6ヶ月で効果がなくなることが知られています。しかし、一度症状が改善すると、薬物による治療が容易になる患者様もかなり多く、修正型電気けいれん療法が効果的であっても、残念ながら薬物療法のみで症状のコントロールが困難な患者様の場合、電気けいれん療法の維持療法(定期的に施行する)が考案されています。






HOME院長挨拶専門治療と治療方針外来診療のご案内診療実績 医師の紹介スタッフ募集FAQトピックス公益法人の公告

公益財団法人 西熊谷病院

〒360-0816 埼玉県熊谷市石原 572

TEL 048-522-0200/FAX 048-525-8384

当院のプライバシーポリシーについて

Copyright© Nishi Kumagaya Hospital All rights reserved.